トップ

歯の黄ばみを改善する

歯の黄ばみの印象とは

歯の黄ばみは相手も気づいています

人は会話をするとき、相手の目だけではなく口元にも視線を移したりします。この動作は口元に注目しているということではなく、ずっと目線を合わせるのは恥ずかしい、相手に攻撃的に思われたくないといった心理から視線を動かします。でも、口元に自信がないと、自分の歯を汚い歯だなと思われているのではと感じてしまいます。

女性から見た男性の第一印象で重視するポイントという調査でも、歯の黄ばみは2番目で半数以上の女性が気にすると答えています。この結果からも歯の黄ばみは自分が悩んでいるだけでなく、相手からも注視されているといえるでしょう。

このような事実を知ると、自分自身に自信が持てずうまく笑うこともできなくなってしまって、ますます自信のない態度をとってしまうようになります。さらに口元を意識するあまり、不必要に口元を隠したりして相手から不審な目で見られるかもしれません。

●歯の黄ばみが相手に与えている印象とは
黄ばんだ歯が相手に与える印象として、清潔感がない、口臭がありそう、歯を磨いていないのでは、不潔感などがあげられます。毎日きちんと歯を磨いていても、口臭に気を使っていても、歯が黄色いというだけでこのような印象をもたれてしまいます。

また、歯の黄ばみは口周りの印象だけでなく、全身の印象にも影響を与えています。歯が白くて綺麗な人は、身だしなみにも気を使い、きちんとした人という印象を与えていますが、歯が黄色いといくら身だしなみに気を使っていても、だらしない人という先入観を持って見られてしまいがちです。

若々しさということでも歯の黄ばみは相手に良い印象を与えられず、老けた感じに見られてしまい、不健康な印象も同時に与えてしまうことがあります。歯の黄ばみは相手に老けた印象を与えるだけでなく、清潔感のない人と思われるので、とても損をしているといえるでしょう。

Copyright © 歯の黄ばみの印象とは. All rights reserved.